TREND NEWS 今チェックしておきたいコト

TOKYO CAFÉ PATROL #24 全米人気No.1のオーガニックアイスクリーム Three Twins Ice Cream


全米売り上げNo.1のオーガニックアイスクリームブランドThree Twins Ice Cream(スリーツインズ アイスクリーム)が待望の日本初上陸。3月2日(金)に記念すべき第一号店が代官山にオープンしたので、一足お先にメディア試食会にお伺いしました。代官山駅前のコスメキッチンに隣接するロケーションで、代官山でのお買い物の際に気軽に立ち寄れる場所です。



2005年カリフォルニア州、サンラファエルで誕生したスリーツインズ アイスクリームは、「信頼する生産者の原材料のみを使用する」というコンセプトで、本物のアイスクリームの味を追求。製法や原材料をこだわり抜いた結果、100%オーガニックアイスクリームに辿り着いたそう。



日本初の店舗となる代官山店では、11種類のフレーバーを用意。サイズは、シングル(税抜380円)、リトルダブル(税抜500円)、ダブル(税抜680円)、スリーツインズ(税抜550円)の4種類。店名にちなんだスリーツインズは、ミニサイズのアイスが3つ選べます。



カップ以外に、有機小麦粉、有機きび糖、有機バニラエッセンスをベースに焼き上げた自慢のホームメイドワッフルコーン(税抜100円)もあり。街歩きにはワッフルコーンで味わいたいですね。



さらにトッピングには、ウコンや野菜から着色したチョコレートスプレー、アフガニスタン産のピスタチオ、食感を楽しめるカカオニブ、食物繊維が豊富なキヌアパフ、ビタミンCたっぷりのラズベリークリスプの5種類を用意(各税抜80円)。



1番人気のフレーバー・レモンクッキー、店頭限定発売のストロベリー、すっきりとした後味のチョコレートオレンジのスリーツインズをワッフルコーンで注文。トッピングは、ピスタチオとラズベリークリスプをセレクト。オーガニックのスイーツは、味が薄かったりすることが多いですが、スリーツインズ アイスクリームはとっても濃厚! これが本当にオーガニックなの?って疑いたくなるほど、とっても美味しいアイスクリームです。



隣接するカフェSIGN ALLDAYで行われたメディア向け試食会では、お家で楽しむホームスイーツを提案。アメリカの家庭ではパイントサイズが主流で、1つのパイントを家族や友人とシェアですることでコミュニケーションの輪を広げているそう。当日振舞われたスリーツインズ アイスクリームサンドのレシピを紹介します。



(1)パイントサイズのスリーツインズ アイスクリームを横に倒してそのままカッティングし、円状のディスクサイズにする。(2)くるくるとパッケージの紙をはずし、お家にあるビスケットやソフトクッキーでサンド。(3)最後にプレートに散りばめたトッピングの上でサンドを転がせば出来上がり♪ ホームパーティーに華を添えるオリジナルメニューの完成です。



試食会には、創業者のニールも来場。「創業当時から本物を届けたいという想いで、美味しさにこだわってきました。環境にも優しく、薬品や人工的なものは一切使っていません。そして本国アメリカでは、他のメジャーなアイスクリームと同価格で売られています。“手軽に食べられる本物のオーガニックアイスクリーム”にこだわっているので、日本でも同じコンセプトで展開していきたいですね」とニール。その言葉通り、4月上旬から「ナチュラルローソン」などでも展開するそう。



代官山店でも、店頭テイクアウトに加え、お持ち帰り用のカップアイスも用意(【右】シングルサイズ税抜390円、【左】パイントサイズ税抜1200円)。本物の味を家庭でも気軽に味わえます。

全米で愛されるスリーツインズ アイスクリーム。代官山散策の際には、本物の美味しさを味わいにぜひ立ち寄ってみて。


Photo:Haruka Yamamoto
Text:Sayoko Ishii
Edit:Namiko Azuma(ASOBISYSTEM)
Design:Yuko Abe(ASOBISYSTEM)

 

INFORMATION

 

Three Twins Ice Cream 代官山店

address:東京都渋谷区代官山町19-4
Tel:03-6455-1510
Hours:10:00〜21:00
Web: http://threetwinsicecream.jp