Diary

TOKYO CAFE PATROL #14 俺のBakery & Cafe 美味しい食パンが食べたいなら恵比寿で味わうのが最先端


都内の絶品カフェを紹介する連載企画。今回は昨年オープンした、食パンにこだわり抜いたカフェをご紹介。おいしさ追求のために、パンのバリエーションは3種だけという並々ならぬ情熱がアツいお店です。



俺のイタリアン、俺のフレンチをはじめ、数々のレストランを運営している俺の株式会社。その新業態として昨年11月にオープンした俺のBakery & Cafe。社長の「日本一の食パンを作ろう!」との一言がきっかけとなりスタートしたのでした。



今回お話をしてくれたのは、店長を務めている竹田さん。はにかんだ笑顔がキュートながらも、パンに対するアツい想いを持っているイケメンスタッフ♪



展開している食パンは全部で3種類。中でも「俺の生食パン」(2斤サイズ税込1000円)は、焼かずに食べるユニークなこだわりが魅力。北海道産小麦、キタノカオリをベースにした生地になかほら牧場のミルクを使って焼き上げた、しっとりかつもちもちとした食感が特徴なんです!焼きたてから2時間後くらいがベストのタイミングです。



パンのお供に欠かせないブレンドコーヒー(税込380円)。俺のBakery & Cafeではソムリエの方が焙煎も担当しておりこだわりのコーヒーがいつでも楽しめます。ブラジル、マンデリン、ケニア産の豆を使ったロースト感のあるブレンドコーヒーがベース。食パンとの相性を追求した結果、行き着いた答えなんだそうです。さらに1杯300mlというボリューミィなサイズもうれしい。



さらに店内には、なんとコーヒー豆のガチャガチャが! 約1杯分の豆が入っていて、食パンを買ったついでにガチャガチャを回す人も多いんです。





俺のシリーズの伝統で、キッチンはオープンキッチンを採用。おかげで店内は広々かつ目の前で料理が作られる、ダイナミズム溢れる雰囲気がたまりません。



この時期のテラス席は、新緑のみずみずしさをたっぷりと感じられて開放感バツグン。席と席のスペースも広めなのでゆったりくつろぐことができます。



人気No.1はフワフワの厚焼き玉子をサンドした「厚焼き玉子サンドイッチ」(税込680円)。出汁のきいた厚焼き玉子と俺の生食パンの優しい甘さで、ひょいひょいといくつでも食べられそう。さらにアクセントの辛子で、飽きの来ないおいしさが。



こちらは新メニューの「4種チーズのトースト」(税込580円)。グラナパダーノとゴルゴンゾーラ、チェダーにモツァレラの4種チーズと山型食パンが、運命的な出会いを果たした! 砂糖を使わずスッキリとした味わいの食パンに、チーズの濃厚な風味が絶妙にマッチ。こってりチーズと相性のいいはちみつを掛けても絶品です。

毎日の食生活に欠かせないパン。いまや米食よりもパン食の比率が多くなっている現代人こそ、食べてみる価値がある極上食パン。恵比寿ガーデンプレイスはどこからもアクセスがしやすくて、お買い物やデートの帰りにぜひ立ち寄ってみてはいかが?

Photo:Kayo Sekiguchi
Edit:Namiko Azuma
Text:Ryoichi KOMABA

 

INFORMATION

 

俺のBakery & Cafe 

Adress:東京都渋谷区恵比寿4-20-6 恵比寿ガーデンプレイス時計広場
Tel:03-6277-0457
Holiday:不定休
Hours:カフェ8:00~21:00(LO.20:00)
食パン販売 10:00~21:00
Web: http://www.oreno.co.jp